よくある質問

TOP > マンションオーナー様

マンションオーナー様

地上デジ放送への対応は、マンション管理に欠かせない投資です。建物の資産価値向上と、入居者のイメージUPにも繋がり、入居者がベランダにアンテナを建てる必要もなく、建物の美観にも役立ちます。

マンションやビルでは、建物の屋上の既設UHFアンテナをデジタル対応ANTに交換し、ブースターやTV機器の取り替え、調整を行います。その後、各部屋の個人様が、地上デジタル放送対応のテレビを購入されるか、現在のテレビのまま地デジ対応チューナーを購入される(※)ことで、地上デジタル放送をご覧いただけるようになります。
地デジのチューナーと、既存のテレビだけでは、高画質のハイビジョン放送はご覧いただけません。

地デジをご覧いただくために

地デジのクレームございませんか?


入居者さまから、地デジに関する問い合わせ、クレーム、出ていませんか??
アナログ放送とデジタル放送は違います!汚い映像だが、我慢すれば見ることが出来る。←これはアナログ放送での表現です。デジタル放送では、画像が映るか映らないかのどちらかになる為、電波を確実に受信する事が必要です。

映像比較


NHK総合

NHK教育

RCC

広島テレビ

ホームテレビ

TSSテレビ新広島

アナログ放送はVHFと呼ばれる電波の帯域とUHFと呼ばれる帯域を使って放送しています。デジタル放送はUHFの帯域を使い放送をする事になっています。ですから、今までアナログ放送をUHFで受信していたからそのままデジタル放送も受信できると言う事ですが、全てがその限りではありません。
アナログ放送を綺麗に受信し、館内へ送信する為のTV設備の細工が邪魔をしている場合がありますし、ビル影、地域共聴などの共同受信設備の場合、UHFで受信した電波をVHFの帯域に変調し各世帯へ送信している場合が多く、そういった設備を導入している物件はデジタル放送を見ることが出来ません。
また、同じUHFのアンテナでも種類が違えば地デジを受信できない場合があります。


マンション改修工事施工実例

2009.06.29,30 広島県広島市西区己斐西町
(マンション地デジ改修工事)
3階建全20世帯マンション

全部屋地上デジタル工事完了実例


アンテナ設備

UHF/VHF混合器

ブースター

8分配機

その他、館内系統の不良や機器の経年劣化(ブースターなどの機械は一生物ではありません。メーカーによれば、 5年位が機器の寿命だろうと言われています)などの要因により地デジが視聴できない場合があります。 一度調査をしTV設備に関して把握されてみてはいかがですか?調査は無料で行なっております。また、衛星放送もデジタル化され、110度CS(e2)放送というサービスも始まっています。物件の付加価値を高めるためにも導入を考えてみてはいかがですか?
調査も見積りも報告書も無料で行なっております。無料電波調査致します。お気軽にお問い合わせください。

無料電波調査のご依頼はこちら

ページトップへ


よくある質問

コンテンツ